沿革

1963年
永吉昭夫(創業者)が個人組織でエーロン工業所を設立
1967年
ユーシー産業株式会社を設立
1975年
東京営業所を設立
1987年
三菱樹脂株式会社と共同開発契約を締結
1988年
財団法人研究開発型企業育成センター(VEC)にて審査委員会の合格決定を受ける 東燃化学株式会社と大口径管の特許、技術供与契約を締結
1993年
VECにて2度目の審査委員会の合格決定を受ける
1994年
CI実施、エバックブランド誕生
1995年
鳥取工場を新設
1996年
本社を移転
1998年
名古屋営業所を設立
1999年
財団法人大阪府開発型企業振興財団(FORECS財団)より、ベンチャービジネスプロジェクトとして認定を受ける
2001年
中国広東省に東莞友志塑料管材有限公司を設立
2003年
ISO9001:2000認証取得(認証範囲:本社・東京営業所・鳥取工場)
2006年
本社を移転(大阪市中央区南船場) ISO14001:2004認証取得(認証範囲:鳥取工場)
2007年
東京営業所を移転
2008年
会社組織変更 ユーシー産業株式会社をエバック株式会社に社名変更(資本金5千万円) 改めて、新しくユーシー産業株式会社を設立(資本金1千万円)
2011年
名古屋営業所を移転
2013年
エバック株式会社 創立50周年
2015年
エバック株式会社・ユーシー産業株式会社鳥取工場創設20周年

受賞歴

受賞年月日 受賞名 製品名
1972年 日本合成樹脂技術協会会長賞
1973年 工業技術院長賞 断熱ホース
1974年 通商産業大臣賞 全日本プラスチック成形工業連合会会長賞 西日本プラスチック成形工業協会会長賞 日本合成樹脂技術協会会長賞 断熱ホース
1975年 石油化学工業協会会長賞 全日本プラスチック成形工業連合会会長賞 日本合成樹脂技術協会会長賞 暗渠排水管 有孔暗渠排水管
1977年 中小企業庁長官賞 日本プラスチック工業連盟会長賞 中小企業庁長官奨励賞(近畿発明者表彰) 暗渠排水管 暗渠排水管
1978年 発明協会会長賞(全国発明者表彰) 発明協会会長賞(近畿発明者表彰) 合成樹脂製筒網の製造装置
1979年 大阪府知事賞(優秀発明者表彰) 日本プラスチック工業連盟会長賞 包装用ネット
1984年 中小企業庁長官奨励賞 断熱ホース
1986年 国務大臣科学技術庁長官賞(科学技術振興功績者表彰)
1989年 発明振興協会 考案功労賞 大阪府知事賞(新技術開発表彰) 断熱ホース
1990年 発明振興協会 考案功労賞 暗渠排水管
1991年 発明振興協会 発明大賞 大口径二層管の製造装置
1992年 協和中小企業振興財団 奨励賞 液状化防止スパイラルドレン
1993年 大阪府知事賞(優秀発明者表彰)
1995年 大阪府知事賞(発明考案表彰) 中小企業庁長官奨励賞 液状化防止スパイラルドレン
1996年 VEC理事長賞(成功表彰) 発明振興協会 発明功労賞 液状化防止スパイラルドレン
1997年 科学技術庁長官賞(注目発明) 暗渠排水管
1999年 社会保険庁長官賞
2006年 ふるさと企業大賞(総務大臣賞)
2008年 近畿地方発明協会(発明奨励賞)
2009年 大阪優秀発明大賞 (大阪優秀発明賞) 第34回発明大賞 (発明功労賞) “超”モノづくり部品大賞 (機械部品賞) カフレス技術 カフレス技術 カフレス技術
2010年 平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(技術部門) 大阪府発明実施功労者表彰 カフレスホースの開発
カフレス技術
2011年 第30回優秀発明賞 日本発明振興協会関西支部長賞 カフレス技術
2014年 黄綬褒章 一体成型螺旋ホース (カフレスホース)